初の著書刊行と岩倉榮利先生展覧会のお知らせ

私事ですが皆さまにご報告させてください ^^

来週、11月29日(木)に初の著書『本能のデザイン -岩倉榮利 椅子に生きる-』が実業之日本社さんより刊行されます。

日本を代表する家具デザイナーの岩倉榮利先生は、2018年でデザイン生活50年を迎えられました。その記念に、今まで歩まれてきた人生と大切な作品について縦横に語っていただき、そのお話とお写真を共にまとめた一冊となっています。
そして、書籍発売日と同じ11月29日から、50年の軌跡を辿る展覧会『岩倉榮利の世界〜本能のデザイン〜』が、リビングデザインセンターOZONE(東京・新宿)内の3会場を使って開催されます。

50年のデザイン生活の中で生み出された50脚の椅子と5台のソファが展示される「50YEARS,50CHAIRS」展ほか、メーカーや伝統工芸との協働により誕生した製品なども紹介されるようです。“岩倉デザイン”の本質に触れることのできる大変貴重な機会なので、ぜひ一人でも多くの方に足をお運びいただけると私も嬉しいです ^^ 個人的には「今まで家具やインテリアについてあまり考えを巡らせることはなかったなぁ……特にこだわりも持ってないしなぁ……」という方にこそ展覧会を訪れてほしい! と思っています。

■岩倉榮利の世界〜本能のデザイン〜
会期:2018年11月29日(木)〜12月6日(木) ※水曜休館(祝日を除く)
時間:10時30分〜19時
会場:リビングデザインセンターOZONE
住所:東京都新宿区西新宿3−7–1 新宿パークタワー
入場:無料
問い合わせ:リビングデザインセンターOZONE 03(5322)6500

まずは刊行と展覧会のお知らせのみとなりますが、書籍に携わらせていただいた中で学んだことや感じたことなどはまた別の記事で綴りたいと思っていますので、その際はどうぞお付き合いくださいませ ^^

□関連記事
Casa BRUTUS 『50脚の椅子、5台のソファから見る、デザイナー・岩倉榮利の50年
ELLE 『デザイナー岩倉榮利氏×SANEIによる「MONOTON」展が開催
さんち~工芸と探訪~ 『50年で生まれた50脚の椅子コレクション。家具デザイナー「岩倉榮利の世界」