美しさを誇るでもなく、朽ちていくのを嘆くでもなく

つかの間の夢をみるように
季節の余白にこぼれた光

葉末の露が色を纏うと
立ち尽くしたのは言葉たち

永遠のなか わずか一瞬
世界は静かに優しく溶ける

忘れられた美しい沈黙を携えて

[Photo by Kazashito Nakamura]