星図のしるし

咲くことのできなかったあの子に
みせてあげたい世界があった

たくさんの色を
たくさんの歌を
たくさんの涙を

この世界の営みを
あの日の空の静けさを

あの子にかわって
忘れず胸に灯し続けること
それが微かに許された私の祈り

手をつないで口ずさめる歌があったらと
そう願わずにはいられないけれど

ひとつひとつ大切に拾い上げて
たくさんのかけらで星図を描くよ

闇夜の光をひとすじ抱いたら
ふたりゆっくり目を閉じて
互いの星に逢いに行こう

どこにも帰れない私たちが
もう迷わずに歩けるように