朝時間|深い静寂を纏う墨の香り

窓をあけて朝の空気をたっぷりと吸い込んだあとは、ひとりで硯に向かい、ゆっくりゆっくり、墨をすっていく。

墨をする時間はなんと贅沢なのでしょう。深く静かな一縷の香り、その儚さに美しさを感じずにはいられません。

子どもの頃から墨の香りが好きだった私は、今でもこうして気が向いた朝に書を書くようにしています。

ていねいにすった墨を筆の穂先に染み込ませ、文字に心を合わせていく。すると、自然と背筋がしゃんとし、凛とした気持ちで1日をスタートできる気がするのです。

最近時間に追われてしまっているなぁと感じたら、「朝書道」おすすめですよ ^^