明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。みなさま、どのような新年をお迎えでしょうか?

(季節外れなお花の写真ですが、気にせずまいります……!)

少し遅くなってしまいましたが、昨年は「しなやか文庫」を読んでくださりありがとうございました。7月19日にこのブログをOPENして、マイペース(すぎるくらい)にのんびりと更新していたのですが、毎日のぞいてくださる方がいて、どういうわけかその数字が日に日に増えていったりもして(涙)、やはり見てくださる方がいるというのは嬉しいなぁと、素直にそう感じました。

言葉も写真も、「見てもらう」ことが大切なのだと思います。私がここを非公開に設定して好き勝手に書くこともできますが、だれかに見てもらうことで、言葉が生き物になって、そこに足跡として残っていきます。書き続けていたら、もしかしたら誰かの心に残るようなこともあるかもしれません。

写真だって、どこかにしまわれているままだとかわいそう。飾る場所がなかったとしても、たまに出して見てあげることで、変わってくることだってきっとあります。それは、その写真の見え方かもしれないですし、自分自身の心かもしれません。

私自身それを怠ってしまって、言葉も写真も宙ぶらりんにしてしまったことが何度もありました。最近でも。なので、今年はもっと「見せて伝える」ことを意識していきたいなぁと思っています。

さっそく新年の抱負みたいになってしまいましたが……

2018年は本当に驚くほどあっという間に過ぎていきました。2017年が変化の年だったとしたら、2018年は土台を作るような年だったような気がします。今までのお仕事とはがらっと変わり、新しいこと、慣れないことだらけの毎日で、ふりかえってみると、「あれ? あ… あれも2018年のことだったんだ」と頭がぐるぐるしてしまうほどに、ぎゅぎゅぎゅーーーっと詰まった濃い日々を過ごすことができました。

それは私の実力でも何でもなく、気がついたら自分の目標としていたことをひとつ、またひとつと達成できていた、と言ったほうがしっくりきます。今でも「夢だったのかしら……?」とたまにぽやーんとしてしまうくらいに嬉しいこと続きで、本当に本当に周囲の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。お世話になったみなさま、ありがとうございました!

2019年は、昨年作った土台から花を咲かせられるように……と言いたいところですが、土台がゆるゆるなので、いつか綺麗な花を育てられるように、さらに土台固めに集中する年にしていこうと思います。そして、もちろんまだまだ足りない“しなやかさ”も意識して。

こちらでも、見てくださるみなさまにもっと有益な情報をお届けできるようにしていきたいと考えていますので、どうぞ温かく、末永く、見守っていただければ幸いです*

みなさまにとって笑顔溢れる1年になりますように ^^
本年もよろしくお願い致します。

2019年1月2日