けれども人間だって

自然はいつだって美しい

空も海も木の芽も
大空を渡る鳥たちも

眩しいほどまっすぐな世界に
まばたきするたび
飲みこまれてしまいそうで

どうしても追いつけない
もどかしさの夜を泳げば
瞳のなかで星空が囁きかける

けれども人間だって美しいと

相手の心を
自分の夢を
世界中の未来を
果てなく想像する力

それがどれほどに尊いものなのかを

その美しさを忘れてしまったのは
私たち自身だということを

まるですべて知っているかのように