言葉があるのだから

永遠の日々が
約束されている人なんて
いないというのに

私たちはいつでも
大切な言葉を出し惜しむ

「好き」も
「会いたい」も
「ありがとう」も

思ったときを見送り続けて
一体いつ口にすると言うのだろう

細やかな言葉かもしれない
けれど

流れゆく雲のように
そのときだけの色を纏った
言葉の輪郭は

きらきらと輝きながら
私たちの心を包んでくれる

何度も何度も見送っては
言わなくてもわかってほしい
なんて口にしないで

今日という日を
また一緒に過ごせることに
たくさんの喜びを抱いていこう

そっと花に水をやるように
優しくあたたかな言葉たちを
記憶の中で育てていこう

せっかく言葉があるのだから