ひとすじの光

ぽってりとした雲が浮かんでいる
今日は一月なのにあたたかい

お昼寝を終えたコガモがぺたぺた
人の子がまたうしろをぺたぺた

やさしい光に包まれたものは
ほのかに色付いた表情をして

それぞれの瞳にうつる風景に
うっとりしているようだった

湖面にゆらめく木々の姿
解き放たれていく心

すべてが濾過されていくように
昨日の憂いも消えてゆく

空を仰いだ少女もきっと
透き通る意思を招くため
心を溶かしにきたのだろう

わたしはベンチでこっそりと
ひとすじの光をぽっけに入れた

美しい夢をみるために