昼と夜が出会うころ

この広いキャンバスに
今日はどんな色を描こう

昼と夜が出会うころ

水平線を飾る雲間から
そんな話し声が聞こえてくる

夕暮れの空にきらきらと舞っていたのは
今日だけの色を纏ったあの子の涙

皆が幸せでありますようにと祈りながら
また明日、と手をふった