日曜日の公園

日曜日の公園には特別な空気が流れている

池の上に宝石のような光が落ちて
本をめくる青年の頬には優しい風がとおり

鳥の羽ばたきに子どもが夢中で空を見上げ
その姿に両親が祈りの眼差しを添える

同じ世界の同じ時間に
私は私の沈黙と手を繋いだ

何者でもないことを嘆くことはない
きみの知るすべてに良し悪しなんてないと言うのに
特別な意味をつける必要がどこにあるのかい

まるでそうとでも言いたそうに

茂みからあらわれた毛並みのいい猫が
横目でこちらをちらりと見ていた